弁護士に依頼する方法


残業代請求の時効は2年


残業代などを含む賃金に未払いがあった場合には、それらを請求することが出来ます。

残業代請求をする権利には時効が2年と定められており、それ以降は請求することが出来なくなりますので注意が必要です。また、請求交渉が長引くことにより、請求額が減額されることを防ぐために、内容証明郵便を交渉相手に送ることによって時効を中断することが出来ます。中断される期間については、内容証明郵便が相手に届いてから6ヶ月間です。



法律の専門家に相談してみましょう


残業代請求をする方法としては、いくつかあります。会社側と直接交渉する方法や労働基準監督署に相談するという方法がありますが、個人で手続きや交渉を行うのは簡単なことではありません。

そのような場合に有効な手段として、法律の専門家である弁護士に相談するという方法があります。最近では、無料で相談に応じてくれるような弁護士事務所もあります。

実際に依頼する場合には、いくつかの事務所を比較し、決めることが重要になります。



弁護士に相談するメリット


弁護士に依頼する際のメリットとしては、まず自身で交渉を行う必要がないので時間と手間を省くことが出来るということがあります。

弁護士に依頼する前に行うべきこととしては、未払賃金があるという証拠を多く集めるということがあります。労働時間や退職時間などが記されているような書類などがあれば、コピーをするなり写真を撮るなどしておきましょう。

相談などをする場合には、事前の予約が必要となる場合がありますので確認することが大切です。


残業代請求の費用は?