弁護士に相談をして労働問題を解決する方法


一人で悩まず弁護士に相談を


会社で働くサラリーマンやOLの中には、職場についての様々な問題を抱えるケースもあります。そのようなときには、弁護士に相談することで、個別の労働問題の種類に合わせて最適な解決方法のアドバイスを受けることが可能です。

特に労働問題に関しては、初回相談料無料の弁護士事務所もあるので、気軽に相談することができるのです。

その中でも不当解雇に関する問題を抱える人の場合には、和解や裁判なども含めて、最善の方法を選ぶことができます。



賃金の未払い問題


また賃金未払い問題で悩んでいる場合でも、個別のケースに合わせて最適なアドバイスが受けられるのです。

特にサービス残業で悩む場合には、残業の証拠を残すための様々な助言を弁護士から受けることができます。特にタイムカードが使われていない企業の場合には、それ以外の方法で記録を残す方法も提示してもらえるのです。その中には残業時間をメモに記録することと、パソコンのログアウト情報を併用する方法でサービス残業問題を解決したケースもあるのです。



内定取り消し・セクハラ・パワハラ


また弁護士事務所では幅広い労働問題を取り扱っているので、内定取り消しや勤務条件の一方的な変更にも適切に対処することができます。特に内定取り消しの場合には、損害賠償も含めて個別の案件に合わせて対応することが可能です。

また配置転換についても、労働者の権利を守りながら最も良い解決方法を見つけ出すことができます。

また最近ではセクハラやパワハラに関する問題も増えていますが、相談することで問題解決の糸口を見つけることが可能です。


残業代請求の費用は?