みなし残業とはどういう残業なのか


みなし残業とは


残業を行った場合は、その時間に応じて雇い主は残業代を支払う事が決められております。ただ、みなし残業の場合は給料の中に最初から一定の残業代を含んでいます。例えば、月20時間までの残業代を含むなどという規定を設けて置きます。

こうする事で給料の中には既に残業代が含まれているために、企業はその時間の範囲内での残業であれば、わざわざ残業代を計算せずに済みますし、労働者にとっては規定で決められた範囲内での残業であれば、残業代の分は得する事になります。



みなし残業の問題点


みなし残業の基本的な話は以上のようになりますが、これが問題になるケースが増えているのです。規定で定められた時間を超える残業が発生した場合、給料の中に残業代が含まれていても、その時間を超えた分の残業代は企業が払わなくてはならないです。

ところが、これを利用して既に残業代を支払っているのだから、払う必要が無いと労働者に残業代を払わないケースがあるのです。そのような主張は法律では認められておらず、きちんと払う必要があるのです。



みなし労働時間制とは?


法律にはみなし残業という言葉はなく、みなし労働時間制という言葉があります。これは研究職や外回りの営業など、労働時間を把握するのが難しい仕事に対し、一定の労働時間働いたとみなして賃金を支払う制度です。

この制度自体は決して違法であるという訳ではないのですが、それを利用して違法な残業をさせる企業が問題となっているのです。そのために、みなし残業制度になっているのだからと言って、それだけで違法という訳ではないです。


残業代請求の費用は?